World Medical Solution ©

東京都世田谷区奥沢 4-5-1 303号室

TEL: 03-6754-0288

www.WorldMedicalSolution.com

© 2019 by 株式会社GIFTED

ただいまメインテナンス中です

​選ばれる理由

現在、日本国内の臓器移植手術待機患者数は約13,000人。アメリカ国内の待機患者数は約119,000人ですが、手術件数も日本をはるかに上回っており、臓器移植をとりまく環境の違いが浮き彫りになっています。米国移植ネットワーク(United Network for Organisation Network:UNOS)は、 全米各地の患者リストを管理し、移植可能となった臓器が最適な患者に届くよう情報提供をしています。 

2015年に行われた臓器移植手術件数とその内訳

   ・米国 30,970

   ・日本 315

圧倒的な大差です。

また、米国では18歳以上の半数以上(51%)、約1.3億人がドナー登録しているのに対し、日本は約120万人。米国では脳死後の臓器提供が約32,000件、生体ドナーからの提供は約6,000件となっていました。

心臓移植

心臓移植とは、亡くなった他の方から心臓の提供を受け、その心臓を自分の心臓のかわりに植え込み、心不全から脱却し、延命とQOL(生活水準)の改善を計ることを目標とする治療法です。

心臓移植の必要な病気にはどのようなものがありますか?

心臓移植でないと助からないような重症の心機能障害に陥る病気には、下記のように、重症の特発性心筋症、広範囲の心筋梗塞、高度な心筋障害を伴った心臓弁膜症、一部の先天性高度心奇形などがあります。

  1. 特発性心筋症

    1. 拡張型心筋症

    2. 拡張相肥大型心筋症

    3. 拘束型心筋症

  2. 虚血性心疾患(心筋梗塞)

  3. 心臓弁膜症

  4. 先天性心疾患(外科的に修復のできない場合)

  5. その他:心筋炎、サルコイドーシス、心臓腫瘍、薬剤性心筋障害など

18歳未満の患者の場合、「治療等の状況による優先度」のステータス1の条件が緩和されたり、ドナーが18歳未満の場合、18歳未満の患者が優先されたり、年齢による条件の違いがあります。また、心肺同時移植が行われる場合の条件もあります。
 2016年3月31日までに国内で心臓・心肺同時移植を受けられた方の、登録日から移植日までの平均待機期間は1,057.8日(約2年11ヵ月)でした。

https://www.jotnw.or.jp/transplant/about_heart.html

http://www.asas.or.jp/jst/general/heart/qa4.html

肺移植

腎臓移植

肝臓移植

​海外での治療について

​ブログ

August 19, 2017

Please reload

​ツイッター

お問合せ

膵臓移植

角膜移植